「dビデオ」で映画・ドラマを視聴してみた感想

Pocket

dビデオは、2014年5月現在、2万タイトル約92,000本と配信作品数も充実しています。価格も月額500円(税抜)と非常にコストパフォーマンスが高い動画配信サービスです。

「dビデオ」の申し込み方法
「dビデオ」の解約方法
「dビデオ」をテレビで観る方法

配信コンテンツの充実度

配信されるコンテンツのジャンルは「映画」「ドラマ」「BeeTV」「音楽」の4つのジャンルに分かれます。それに続いて「新作レンタル」「ランキング」「新着/もうすぐ」「人気キーワード」「特集」といったページが続きます。

動画配信サービスdビデオ動画配信サービスdビデオ

各コンテンツは「見放題作品」と「レンタル作品」に分かれます。「見放題作品」は月額500円(税抜)で見放題ですが、「レンタル作品」は、視聴期間2日間で400円ほど必要です。やはり新しい作品はレンタル作品として有料となるようです。U-NEXTと同じようなサービスですね。

映画は洋画・邦画・アニメなどを合わせて3,000本ほどです。その中でもレンタル作品(PPV)は230作品あります。洋画が約1,500本、邦画が約700本です。配信作品はHuluやU-NEXTと同じようなラインナップですが、dビデオにあって、U-NEXTにない作品やその逆もあります。他の動画配信サービスでPPVとなっている作品はdビデオでもレンタル作品になっています。

ドラマはHuluなど海外ドラマに強いところと同じほどコンテンツが揃っています。プリズンブレイクやLOSTなど人気海外ドラマはHuluに負けないくらいあるので、海外ドラマ重視で動画配信サービスを選ぶなら月額500円のdビデオがかなり有利ではないでしょうか。

そしてdビデオの特徴の「BeeTV」もなかなか面白い作品が揃っています。お笑い・バラエティ・ドラマなどdビデオでしか観れない作品も多く、案外この「BeeTV」だけでも楽しめます。「闇金ウシジマくん(全8話)」も面白かったですね。

他の動画配信サービスにはないコンテンツが「ショートショート」(短編映画)です。この「ショートショート」だけでも映画3,000本のうち600本をしめています。

短編映画はあまり見る機会もないですが、短編映画のフェスティバルなども開催されていて、コアなファンも多いようです。短編映画ファンにとっては非常にうれしいラインナップですね。

画面操作や画質について

スマートフォンよりパソコン、テレビの方が画面が大きい分だけ操作性や視認性はいいですが、スマートフォンでも簡単に見たいコンテンツを探すことができます。希望の映画やドラマがあるかかどうかは検索ボタンから簡単に検索できますし、ジャンル別に一覧表からも探すこともできます。

今回は『スパイダーマン』を観てみました。映画の一覧から『スパイダーマン』を選ぶと視聴画面になります。「字幕版」か「吹替版」を選ぶことができます。また他のシリーズがあればボタンが表れて選択画面に進めます。ここでは『スパイダーマンシリーズ(4)』を選んでみました。

動画配信サービスdビデオ動画配信サービスdビデオ

『スパイダーマンシリーズ』は『スパイダーマン』『スパイダーマン2』『スパイダーマン3』と3作品あります。(予告編もいれて表示は(4)となります)ここでは
『スパイダーマン3』を選びました。【視聴する】ボタンをタップすると視聴方法を選べます。

視聴方法は、「ストリーミング」と「ダウンロード」でそれぞれ画質が「普通」「きれい」「すごくきれい」を選べます。電波やWi-Fiが届かない環境で見る機会が多い人は「ダウンロード」を選んでおけばどこでも見ることができます。

動画配信サービスdビデオ動画配信サービスdビデオ

「ストリーミング」の「すごくきれい」を選んで視聴してみました。GALAXY Note 3のフルHD高画質だと非常に鮮明に見られます。Wi-Fi環境だと映像が途切れたりもなく、とても快適です。

動画配信サービスdビデオ動画配信サービスdビデオ

「dビデオ」の申し込み方法
「dビデオ」の解約方法
「dビデオ」をテレビで観る方法

dビデオは2万タイトル約92,000本の動画配信サービスです。月額500円(税抜)で見放題なのでHuluの月額933円(税抜)やU-NEXTの1990円(税抜)などと比べて価格面ではかなり有利な動画配信サービスといえます。

動画配信サービス「dビデオ」なら月額500円(税抜)で92,000コンテンツが見放題



[ スポンサーリンク ]