音楽聴き放題!定額制音楽配信サービスを2週間試した感想


2,000万曲の音楽聴き放題のソニーの定額制音楽配信サービスMusic Unlimited(ミュージックアンリミテッド)の無料トライアルを申し込んで2週間ほどたちました。たっぷりと音楽を聴いてみて感じたメリットとデメリットを紹介します。

Music Unlimited(ミュージックアンリミテッド)は、2,000万曲が30日間無料で聴き放題です。
今まで音楽を聴くにはレンタルショップで好きなCDを借りてきて、それをiPodやスマートフォンに入れて聴くことが多かったのですが、定額制音楽配信サービスによって聴き方や聴く音楽ががらっと変わりましたね。結果もうCDのレンタルなんかできないというのが感想ですね。

定額制音楽配信サービスのメリット

定額制音楽配信サービスにはいろいろとメリットがありますが、大きなメリットは以下の3点です。

  1. とにかく安い価格
  2. 音楽聴くのにまったく手間がかからない
  3. 音楽のジャンルがめちゃめちゃ広がる

とにかく安い価格

今までCD1枚7泊8日で230円ほどで借りていました。借りるお店によったり、新作と旧作によっても少し違いますが、まとめ借りしても5枚で1,000円です。Music Unlimited(ミュージックアンリミテッド)は月額980円(税込)で2,000万曲を聴き放題です。

月に5枚以内しか借りない人でもレンタルの手間や貸出し中のデメリットを考えると定額制音楽配信サービスの価格は安いものと思えます。自分の聴きたいアーティストや楽曲がそろっている場合にはかなり安いサービスだと思います。

音楽聴くのにまったく手間がかからない

レンタル店で借りたCDをiTune経由でPCに入れて、またそれをiPodやスマートフォンに入れる。そしてまたそのCDを返しに行く。こういった手間がありません。スマートフォンで直接音楽を聴けるし、事前に端末の中に4,000曲まで入れておくこともできます。

貸し借りの手間とコピーの手間がないので、レンタル店に行くこともなくなりました。

音楽のジャンルがめちゃめちゃ広がる

定額制音楽配信サービスの最大のメリットがこの音楽のジャンルですね。もちろん自分の好きなジャンルの音楽はじっくりと聴きますが、今までCDなら借りることがなかったジャンルやアーティストの音楽が聴けます。

聴けますというより、ちょっと聴いてみようかということが簡単にできるのが定額制音楽配信サービスのいいところですね。ジャズやクラシックなんかわざわざCDまで借りることがなかったのですが、なんと聴いてみて目ざめたというか、なんともいい心地ちになる音楽なんだろうと思ってしまいました。

定額制音楽配信サービスを2週間試した感想

ハイレゾ対応のPCオーディオを買ったこともあり、家でPCを前にして仕事している時に流すジャズは、スターバックに居るような気分にさせてもらえますよ。なかでもビル・エヴァンス(Bill Evans)がお気に入りで、ほかにナット・キング・コール(Nat King Cole)オスカー・ピーターソン(OscarPerterson)など、今まで名前も知らなかったアーティスなんですが、今ではヘビーローテーションして聴いています。考える仕事をする時には歌詞のないジャズはピッタリです。

それと若かった時に聴いていた音楽も今また聞くとめちゃめちゃ新鮮ですね。20代の時に聴いていたイーグルスやドゥービーブラザーズ、ビリージョエルなんかは、何度聴いても懐かしくて最高です。

ビリージョエル
イーグルスの初期の頃の曲「One Of These Nights」や「Lyin’ Eyes」なんかはドライブしているときいつもカーステレオから流れていました。「Take It Easy」「Hotel California」なんか聞くと海に行きたくなってしまいます。

ビリージョエルの「Piano Man」「My Life」「Honesty」なんかは20代の頃に聴いてなんか大人になった気がした曲です。なかでも「Honesty」は自分の中では最高の名曲です。

洋楽は最近のヒットチャートにのっている、アルビル・ラビーン(Avril Lavigne)テイラー・スイフト(Taylor Swift)などのアーティストの新しい曲も多くあります。洋楽が好きな方にはベストなサービスじゃないでしょうか。

サナカクション
邦楽もかなり聴き応えありますよ。
日本のアーティストの一部をあげると、サカナクション、JUJU、Superfly、絢香、SEAMO、back number、GReeeeN、スピッツ、ORANGE RANGE、加藤ミリヤ、UVERworld、miwa、SPICY CHOCOLATE、AKB48、いきものがかり、YUI、斉藤和義、ももいろクローバーZ、きゃりーぱみゅぱみゅなど。

Sotte Bosse
最近ではマイライブラリーに入れてよく聴いている邦楽がSotte Bosseです。Sotte Bosseは松任谷由美スピッツ宇多田ヒカルなどのカバー曲を歌っていて、ボサノバ風にアレンジしているのが新鮮です。ボーカルのCANAの吐息が漏れるような歌い方と気の抜けたようなメロディーがとても落ち着きますね。back numberもよく聴きます。

パッヘルベル
それとクラシックも聴いてみるとめちゃめちゃいい曲がありますね。中でもパッヘルベルの「カノン」はいろんなアレンジがあっていろいろと聴いてみると面白いです。卒業式や結婚披露宴のBGMでしか聴いたことなかってですけど、今はお気に入りのクラシックの一曲です。

Music Unlimited(ミュージックアンリミテッド)2,000万曲という圧倒的な楽曲数です。SONYが運営していることもあって、ラインナップに少し偏りがあります。しかし、これがまた逆に今まで聴いたことのなかったジャンルで音楽の世界をグッと広げてくれます。

定額制音楽配信サービス定額制音楽配信サービス

好みのアーティスや曲だけでなく、ジャンル別のヒットチャートやおすすめなどもあって、自分から探すことなくいろいろなジャンルの楽曲を教えてくれます。圧倒的な曲数があるので、まったく飽きないですね。

Music Unlimited(ミュージックアンリミテッド)は、2,000万曲が30日間無料で聴き放題です。

定額制音楽配信サービスのデメリット

デメリットはどこの定額制音楽配信サービスでも同じです。運営する音楽配信サービスによってアーティストに偏りがあり、新曲が少ないことですね。

Music Unlimited(ミュージックアンリミテッド)で感じたのは、日本のメジャーなアーティストは少ないように思えます。サザンオールスターズMr.Childrenコブクロなど大物アーティスの曲がなかったりします。

映画『アナと雪の女王』の主題歌「Let It Go」もたくさん入っていますが、本家のイディナ・メンゼルはなく、別のアーティストでした。

やはりメジャーアーティストの新曲は、定額制ではなく、お金を出して買うかダウンロードするしかないのが現状ですが、自分の好みに合うアーティストが入っていればかなり聴きごたえがあります。

しかし音楽を純粋に楽しむには定額制音楽配信サービスは最高におすすめです。ミュージックアンリミテッドは30日間無料で聴き放題です。試してみる価値は十分にありますよ。

Music Unlimited

2,000万曲が30日間無料で聴き放題!無料期間は有料のサービスとまったく同じ楽曲が全部聞き放題です。

[ スポンサーリンク ]